山梨県木造住宅協会は、山梨県及び近隣の建築事業者で構成 されている一般社団法人で、会員事業者への情報提供、講習会・勉強会の開催などを行っております。また住宅資材である木材(山梨県産材・地域材・国産材)の流通を活性化させ、木造住宅の担い手である地域工務店の活性化を目的に発足された地域密着型の団体です。

協会について

  • HOME »
  • 協会について

山梨県木造住宅協会とは…

「地域の工務店のために」

長期優良住宅法の制定や省エネルギー法の改正など、木造住宅業界は技術的・制度的な要求が高まっています。 しかし、それらに個々の工務店で対応するには限界があり、組織として取り組まなければならない時代が来たと言えます。山梨県木造住宅協会では、そうした中小の地域工務店に、法律の改正や技術に関する様々な情報を提供し、工務店の技術力を高めるための講習会の開催や、新しい制度に対応するためのアドバイスなど、地域の工務店が必要とするサポートを行っています。

「地域の木を活かす取り組みを」

我々は、食の「地産地消」と同じく、地域で育てた木を地域で使う「地産地建」を考えることが必要であると考えます。 それは、県産材・国産材の積極的な活用は、生産から流通・消費に連なる多くの業種を活性化し、また山に人の手が入ることは、山の環境を、引いては地域の環境を持続させる事に繋がります。 そのため、山梨県木造住宅協会は、山梨県産材・国産材の周知や活用に取り組んでいます。

【メッセージ】

代表理事 中村伊伯今私たちの置かれている住宅産業業界は法律の改正や、市場環境の変化、長期優良住宅への対応等、個々の工務店の力だけでは限界があり、組織として対応しなければならない時代に入りました。
このような変化の中当協会は、工務店の全国組織であるJBNの連携団体として、山梨県内の建築事業者の力を結集してさまざまな活動を行い、最新の情報共有、会員事業者の技術向上や人材育成、新しい法律への対応、県産材・地域材の流通活性化などに取り組んでいます。
また長年培ったノウハウを生かし、地域に密着しているからこそできるきめ細やかな対応やアフターサービスを行い地域に信頼される家守りをめざします。
「安心で長く住める家づくり」
「地域の家を守り、次世代へ継承する」
地域に貢献するために、日々努力していきたいと思います。
代表理事 中村伊伯

【具体的な活動内容】

○地域型住宅ブランド化事業取組み
県産材を使った長期優良住宅「KAIWA(甲斐環)な家」
○林野庁補助事業「木のまち・木のいえ担い手育成拠点プロジェクト」企画・実施
○各講習会及びセミナーの開催及び情報提供
JBN省令準耐火構造、省エネルギー講習、IT講習会ほか講習会の開催
○顧客への周知・認知活動
山梨県木造住宅フェアの開催、施主様との記念木伐採ツアー
○長期優良住宅の設計サポート
○各省庁の補助事業案内及びサポート
○瑕疵担保保険や地盤調査などの団体割引制度の案内
○建材の共同一括購入

【沿革】

H22 山梨県木造住宅協会として発足
H23 山梨県と共催により「山梨県木材流通対策協議会」開催
H24 一般社団法人への移行に伴い、「一般社団法人山梨県木造住宅協会」へ名称変更
「山梨県地域木造住宅生産体制強化地域協議会」の設立
「木のまち・木のいえ担い手育成拠点プロジェクト」、並びに「平成24年度地域型住宅ブランド化事業」の補助事業団体として採択を受ける
H25 「木のまち・木のいえ担い手育成拠点プロジェクト」、並びに「平成25年度地域型住宅ブランド化事業」の補助事業団体として採択を受ける

【協会員】

工務店 36社
設計事務所 14社
木材生産流通 5社
住宅関連企業 18社
【正会員48社、賛助会員25社 平成25年9月現在】

お気軽にお問い合わせください。 TEL 055-298-4141 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人山梨県木造住宅協会 All Rights Reserved.